会社設立 名古屋/法人サポートセンター > 合同会社設立のメリット

合同会社概要

合同会社?これってどんな会社なの?
2006年5月1日に新会社法が施行され、合同会社:LLC(Limited Liability Company)という新しい会社形態が出来ました。
株式会社と同じ有限責任でありながら、合資・合名と同じような会社運営の自由さがあります。 最大のメリットは設立費用が安い事です!
これからどんどん合同会社が増えてきますよ。
様々な会社の形態を見る

合同会社のメリット


費用が安い
株式会社の場合は、登記の際に登録免許税が15万円、公証役場で定款を認証する際に約5万円の手数料がかかりますが、LLCの場合は登録免許税が6万円で、定款の認証手続が必要ありませんので、設立時にかかるコストを大幅に節約することができます。

自分で設立 当事務所に依頼
定款印紙代 40,000 0
登録免許税 60,000 60,000
代行手数料 0 1.500円
合計 100,000 61,500


有限責任です
合名会社・合資会社は、無限責任が原則でしたが合同会社は持分会社でありながら、出資社員の全員が有限責任となっています。
利益配分が自由
定款に定めれば利益配分は自由に設定できます。
迅速な意思決定
株式会社の場合は株主総会などでスムーズに動けませんが、面倒な手続きなしで自由に意思決定できます。

合同会社のデメリット


1・株式会社に比べると認知度が弱い。
こればっかりはお客様自身がどうお考えになるか!だと思います。
知り合いに「合同会社?何それ?」と言われようがれっきとした法人形態です。
株式会社に比べると費用が安いというメリットがありますので、「名より実を取る!」
そういう考えでも当事務所は構わないと思います。
むしろそちらの方が「堅実」と考えます。
ただし最近は合同会社の依頼が全国的に見ても少しずつ増えてきている事実があります!
2・代表取締役ではなく代表社員!
株式会社は「代表取締役」ですが、合同会社の場合は「代表社員」とよびます。
「代表取締役」という肩書きに憧れる方にとっては要注意事項です。
ただそんなの関係ないです!と言う方も結構みえますが。
3・会社内での対立・意思決定がしずらい!
上の事に関係しますが、代表取締役なら「代表権」や「執行権」がありますが、「代表社員」では少し違ってきます。
つまり合同会社の場合は何人かで出資すればその出資金額の多さ少なさに関係なく、皆同等なんです。
ですから社内で何かを決める時、または意見が対立して収拾がつかなくなる可能性が出てきます。
ですから出資を出す方とはしっかりこういう事も対策しておいた方が宜しいでしょう。
*利益配分・借り入れなどで問題になるケースが多いです。
*ただし一人で全て運営する場合は心配いりません!
チェックリストを見る