美容院の会社設立:開業

美容院という職業は技術職です。ですからカット技術・パーマ技術・接客技術等を今いるお店で修得して自分でお店を持つ!という方が多数お見えです。
しかし昨今の美容院を見てみると、一昔はテナントの一角で営業していたのが最近は戸建てのお店を構えているお店の多いこと!これは都心から離れれば離れるほど多いと思います。
もう完全なる差別化ですね。オリジナリティ溢れるお洒落な外観、そして広くて清潔感あふれる店内。これでテナントに入っている美容室と同じ料金なら・・・と考えてしまうのは私だけでしょうか?
f_0001.jpg n_0001.jpg
これから独立される方はまずどこでお店を開くか?競合店は近くに何社いるのか?そこは戸建てなのか?テナントなのか?またテナントでも最近は広いところもあります。
そこらへんを十分リサーチしてください。

シミュレーション

まずはどんなお店を借りるにしても設備を購入しなければいけません。
無論内装にこだわるのであれば内装費用も加算されます。
俗に言う「設備投資」です。
鏡・ドライヤー・いす・シャンプーセット・水周りの工事・レジスター・雑誌・・・
お客様に喜んでいただくには?と考えればどれだけでも出てきます。
最近はウォーターサーバーを置いてあるお店も少なくありません。
とにかく金額が大きいです!!!

次に固定費です。
スタッフの給料(交通費・保険)・光熱費・水道代・消耗品(シャンプー・カラー商品)。
最近は地元情報誌が盛んですね。広告費も開店当初は知ってもらうために必要ですね。
そしてホームページ。

これだけをざっと計算した場合、一体毎月何人のお客さまにご来店してもらわなければいけないのか?
じっくり計算してみてください!

また自己資金だけでは足りない方は創業融資も検討しなければいけません。

当事務所では事業計画書から融資まで幅広くサポートいたします。