現物出資

手持ちの現金がない・・・資本金がイメージ的に少ないような気がする・・・
そんな場合は現物出資をご利用ください。読んで字のごとく「現物」を「出資」することで資本金に加算されます。

主なものに、車・パソコン・電話・FAX・机・いすといった以外に、土地・建物・機械設備・賃借権など幅広く認められています。

image image

現物出資は500万円までは認められており、500万円を超すと税理士・弁護士の証明が必要となります。

また現物出資には「減価償却」というメリットがあり節税効果を発揮します。

*現物出資の値段はどうやって決めるのか?という疑問が出てきませんか?
答えは「今一体いくらで売れるのか?」ですからアバウトと言えばアバウトですね。
車の場合車名と年式グレードで調べるわけですが、走行距離・事故歴等までは素人の私たちではわあからないですから・・・
(わざわざ査定に行く必要はありません)

*専門家に依頼される方は専門家にご相談ください。
個人で行う方は最寄りの法務局にてお問い合わせください。

現物出資のよって仮に資本金500万円のうち90%の450万円を埋める事が出来たとします。
つまり現金は50万円しかないということを忘れてはいけません。
すぐに資金ショートを起こす可能性がありますから十分気を付けてください。