会社設立 名古屋/法人サポートセンター > 許認可 > 古物商許可申請+会社設立

古物商許可申請+会社設立

中古車販売・リサイクルショップなどいわゆる中古品を扱う場合に取得しなければいけない資格、 それが「古物商の許可」です。
車の写真 ちなみに最近はやりのインターネットで売る事にも必要とされていますのでご注意ください。
では巷で行われている「フリーマーケット」も資格が必要なのか?と言われれば答えは「いりません!」
基本的に「売るのをメインで買取をしなければこの資格はいりません!」
ではよく聞く「海外でビンテージのアロハシャツを大量に仕入れてきてお店で販売する場合はいるのですか?」
「答えはこちらも要りません!」
なんだ。結構不要の場合があるけど何故この資格が必要なのか?
それは「盗品を買う事を防ぐためらしいんです。ですから申請先が警視庁なんですね。参考までに」
古物営業の事は警視庁のサイトに詳しく書かれています。こちら

違反した場合
古物商の許可を取らずに営業をした時の罰則は、三年以下の懲役又は100万円以下の罰金。
結構厳しいですので、無許可営業は絶対にやめましょう!

取得できない場合
古物商の資格はそんなに難しい事ではありませんが、やはり違反者に関しては厳しいルールがあります。
古物を違法に扱い、法に背き罰則をくらい、まだ5年以上経過していない人はこの資格を得る事は出来ません。
このあたりにも「絶対に盗品は許さない!」「犯罪者と関わらない!」そんな警視庁の想いが出ていますね。

*ちなみに未成年者も許可はおりません。

申請の流れ
1・当事務所にご依頼していただき、会社設立業務と古物商の許可申請の手続きを行います。
2・まずは会社を設立します。大体1週間から10日くらいです。
3・古物商の管轄である警視庁に申請します。審査には約1ヶ月くらいかかります。
4・なんの問題もなければ古物商の営業が可能となります。

提出する書類
1・定款
2・住民票
3・身分証明書
4・誓約書
5・営業所の賃貸借契約書
6・駐車場保管場所の契約書のコピー
7・ホームページで販売する場合は、プロバイダー等の資料のコピー
8・略歴所

古物の種類

美術品類 絵画・壺・掛け軸など
時計・貴金属 時計・宝石など
衣類 紳士服・婦人服・子供服・アンティーク商品。キャップや小物も含まれます
車・バイク 車・バイク。そしてビンテージと呼ばれる高価な車・バイクも含まれます。
車・バイクのアクセサリー(マフラー・ホイールなど) 本体だけでなくカーオーディオ・サスペンションなどのパーツも含まれます
事務用機器 パソコン・コピー・複合機・電話・FAX・椅子など
書籍 単行本から週刊誌など書籍全般。
機械工具類 電子機器・工作機器・土木機器など工具全般
道具類 この場合の道具とは家具・・DVD・ゲームソフト・スポーツ用品など
金券 デパートの商品券・切手・葉書・収入印紙など